【連載】AI・機械学習モデル開発の6ステップ ~まずは全体像を把握しよう!

活用について

AIでどんなことができるかはわかったけど、具体的にどうしたらいいの?

書籍やニュースなどで、「今、AIでできること」や「どんな分野に活用されているか」などについては、だんだん広まってきているようです。しかし、まだ他人事のように感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、AI・機械学習を用いたソリューションを実現するステップについて触れていきたいと思います。

 

実現には大きく6つのステップがある

スムーズに理解するために、実現するための6ステップの全体像から見ていきましょう。

 ~ AI・機械学習モデル開発の6ステップ ~ 

1.テーマ決め
2.データ収集
3.データ前処理
4.学習
5.精度評価と試行錯誤
6.サービス導入

上記のような手順があるのです。とはいえ、今の段階では「なにやら色々やらなければいけないんだな~」ということだけ、まずは押さえていただければOKです。

恐れずに実現への一歩を踏み出しましょう!

項目を見ると、ハードルの高さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、全てを自社、あるいは自部署で実現する必要はないので安心してください。テーマ設定やアイデア次第で、驚くほど簡単に今まで頭を抱えていた課題を解決できることも珍しくないです。

この中で、どのステップが特に重要なのか、あるいは外注に出しやすい部分はどの点なのかなど、それぞれの項目についての詳細は、次回以降にお伝えしてまいります。更新をお楽しみに!!

 

おすすめリンク

【公開講座】現場活用のためのAI・人工知能入門研修

【公開講座】AI・機械学習研修~回帰・分類・レコメンド編

【コンサルティング】AI・機械学習 業務支援プログラム

 

to top