AIでこんなことを実現したい! ~AI研修での声

活用について

今回は、インソース公開講座のAI研修にご参加いただいた方々に考えていただいた「AIで実現したいこと」について、アイデアの一部と講師のアドバイスをご紹介いたします。各業界、業種において、AIに対してがどのようなアプローチを考えているのか、参考にしてみてください。

バックオフィス部門

・人事異動の候補者推薦

・人材スキルマップ作成

・税金計算

・ルーティン業務の自動化

最近注目の、ホワイトカラー業務自動化手段であるRPA(Robotic Process Automation)・RDA(Robotic Desktop Automation)の技術が活用できそうです。どこまで自動化できるのかは、業務フローの整理具合や、利用ツールの特徴によります。

コールセンター業界

・繁閑に応じたスタッフの出勤数管理

・FAQ作成

・対応履歴のカテゴライズ

・対応履歴の書き起こし

自然言語認識の分野にあたる課題です。精度がかなり向上してきているので、IT企業が提供しているAPIの利用を検討するのがスピーディであるように思われます。

ヘルプデスク部門

・問い合わせ対応

どのレベルで対応してもらうかによって、実現の難易度は大きく変わります。例えば、会話レベルでAIに解決まで持っていこうとすると、音声認識、自然言語処理、音声発話など、様々な機能を実装する必要があります。一方、問合せフォームに入力された内容に対して、キーワードによるマッチングをかけて、関連度の高そうなページを提示するのであれば、さほど難しくはないでしょう。

システム開発部門

・プロジェクトの進捗予測

回帰手法(将来の値を予測することなどができる手法)を用いるのが早そうです。ただし、精度は予測の手掛かりとなるデータをどれだけ集められるかによるので、一筋縄ではいかない可能性もあります。

マスコミ業界

・誤字脱字の検知

・紙面レイアウトのレコメンド

製造業界

・部品交換時期予測

システム保守部門

・システム監視

・ピーク負荷予測

・障害発生予測

その他

・オフィス入退室時の顔認証

⇒顔認証(画像識別)の分野は自然言語処理と同様、IT企業のAPI利用検討から入ることをお勧めします。とはいえ、カードキーで事足りているのであれば、価格が下がり始めてからでも遅くはないかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

研修では同業界・同業種からのアイデアはもちろん、「別業界・業種の話を聞いてヒントになった」という声もいただいております。インソースの公開講座では、異業種の方々とのグループワークを通してアイデア交換、共有などが実現できます。ぜひ、ご参加ください。

おすすめリンク

インソース公開講座

人財育成スマートパック

【公開講座】ビジネス活用のためのAI・人工知能研修

to top